ツイキャス、“通信速度制限”下でも視聴できる「規制回線モード」導入

井指啓吾 (編集部)2015年01月14日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブ配信サービス「TwitCasting(ツイキャス)」を運営するモイは1月14日、同サービスに、通信キャリアが定める“通信速度制限”下でも配信を視聴できる「規制回線モード」を導入したと発表した。40kbpsの帯域までをサポートするという。

 モイによれば、ツイキャスのユーザーから「通信速度制限下でもツイキャスを視聴できるようにしてほしい」との声が数多く寄せられていたため、他機能の開発より優先して実装したという。

 規制回線モードは、「ツイキャス・ビュワー」を開いて画面右下の「設定」をタップし、スクロールして「回線規制中は低画質で再生」をオンにすることで利用できる。

  • 規制回線モードの利用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加