logo

米中央軍のTwitterとYouTubeにハッキング被害--イスラム国関連組織か

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年01月13日 08時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米中央軍(CENTCOM)の2つのソーシャルメディアアカウントがハッキングされた。イスラム国(ISIS)シンパによるものと見られる。CENTCOMのTwitterとYouTubeの公式アカウントのプロフィール画像が米国時間1月12日、ISISを支持する集団によって差し替えられた。同集団は自らを「CyberCaliphate」と名乗っているようだ。CENTCOMは、アフガニスタンやイラクを含む、中央アジアと中東の米軍部隊を統括している。

 「CENTCOMのTwitterとYouTubeのアカウントが12日に被害を受けたことは事実である。この問題に対して適切な対策を講じている。現時点でこれ以上提供できる情報はない」と、CENTCOMの声明には記されている。CENTCOMはさらに、機密情報は漏えいしておらず、CENTCOM内部のコンピュータサーバへの侵入はなかったと述べた。

 CENTCOMのYouTubeアカウントには、ISISを支持する2件の動画がアップロードされた。ISISは、CENTCOMの管轄と同じ地域で活動するイスラム教スンニ派のテロリスト集団である。一方、CENTCOMのTwitterアカウントはこのサイバー攻撃の後、閲覧できない状態になっていた。同Twitterアカウントに最初のメッセージが投稿されたのは米国太平洋標準時間午前9時30分ごろで、同アカウントはその後閲覧できなくなった。YouTubeに最初の動画がアップロードされたのは、そのおよそ1時間後だった。

 閲覧できなくなる前の同Twitterアカウントには、「AMERICAN SOLDIERS, WE ARE COMING, WATCH YOUR BACK, ISIS」(米兵たちよ、われわれは来ている、背後に気をつけろ、ISIS)というメッセージが表示されていた。攻撃者らは、機密情報であるとするPasteBinへのリンクも投稿していた。YouTube動画にはそれぞれ、「O Soldiers of truth go forth」(真実の兵士たちよ、立ち上がれ)と「Flames of War Isis Video」(イスラム国戦火ビデオ)というタイトルが付けられていた。

提供:Screenshot by Seth Rosenblatt/CNET
提供:Screenshot by Seth Rosenblatt/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集