グーグル、「Google Cast for audio」を発表--音楽アプリからスピーカーに直接ストリーミング

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年01月06日 08時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間1月5日、「Google Cast for audio」という新しいソフトウェアを発表した。同ソフトウェアを使用すれば、音楽などのオーディオコンテンツを「Pandora」や「Rdio」などのモバイルアプリからスピーカーに直接ストリーミングすることができる。Googleは、2015年春には対応スピーカーがソニー、LG、デノンから発売される予定だと述べた。

 International CESで発表された今回のオーディオ向けソフトウェアは、インターネットを介したエンターテインメントコンテンツのストリーミングを対象とするGoogleの製品およびサービスの範囲を拡大する最新の取り組みである。

 Google Cast for audioは、GoogleのモバイルOS「Android」とAppleの「iPhone」および「iPad」向けソフトウェア「iOS」でサポートされる。Pandoraなどのモバイルアプリを通してオーディオを再生している場合は、アプリ内のボタンをタップすることによって、信号を受信可能なスピーカーにその音声を送信できるようになる。

 Google Cast for audioは、「Google Play Music」「iHeartRadio」「NPR One」などのサービスにも対応する予定だ。今回発表された初期提携サービスとして明らかに欠けているのは、世界最大のストリーミング音楽サービス「Spotify」である。Googleの製品管理担当バイスプレジデントを務めるMario Queiroz氏によると、さらに多くの提携に向けて同社は取り組んでいるという。

 GoogleにとってPandoraなどのアプリから音楽をストリーミングするのは初めてではない。「Chromecast」も、音楽をオーディオアプリからTVにストリーム可能だ。しかし音楽を聴く場合は、TVに接続するよりも高性能スピーカーにストリームする方が理にかなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加