logo
Androidアプリレビュー

Android端末を少しだけ高度にカスタマイズできるアプリ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Androidは自由度の高さが大きな特徴の1つとなっているだけに、さまざまなカスタマイズを施して便利に利活用している人も多いと思う。だが壁紙やアイコンを変えたり、ホーム画面を変えたりしただけでは、どうも操作の不満を解消できないと感じている人も、少なくないのではないだろうか。

 そこでここでは、やや詳しい知識が求められるなど人を選ぶ部分があるものの、より高度なカスタマイズを施して、Androidを一層便利にするアプリを紹介したい。

◇アプリのアクションを直接呼び出すショートカットを作成「QuickShortcutMaker」

 「QuickShortcutMaker(ショートカットツール)」は、単にアプリを起動するショートカットだけでなく、アプリの特定の機能(アクション)を直接呼び出すショートカットを作成してホーム画面に設置しておけるため、ホーム画面から「メールアプリの送信画面を呼び出したい」など特定の機能だけを利用したい時に便利だ。

  • QuickShortcutMakerの利用イメージ

  • 通常は作成できない、特定の機能を呼び出すショートカットを作成できる

>>QuickShortcutMakerのダウンロードページ

◇ホームボタンをスワイプして好みのアプリを起動「アプリアシスト」

 「アプリアシスト」は、ホームボタンから上にスワイプした時に、特定のアプリを呼び出せるようになるツール。個々のアプリごとに、スワイプ操作で呼び出せるアプリや機能を設定可能なので、「ゲームをプレイしている最中に時計を呼び出す」など、組み合わせによって便利な使い方ができるようになる。

  • アプリアシストの利用イメージ

  • アプリ起動中にホームボタンをスワイプすることで、指定のアプリを呼び出せる

>>アプリアシストのダウンロードページ

◇ウィジェットを自在にカスタマイズ「XWidget」

 自作したいほどウィジェットにこだわりを持っているなら「「XWidget」」がおすすめ。ウィジェットの機能やデザイン、レイアウトなどを細かくカスタマイズできるのに加え、豊富に用意されたウィジェットの中から好みのものをダウンロードして利用することも可能だ。

  • XWidgetの利用イメージ

  • ウィジェットの自作やカスタマイズができる

>>XWidgetのダウンロードページ

◇ライブ壁紙で動くアイコンをランチャーに「Gravity Home」

 壁紙をアプリランチャーとして活用できるのが「Gravity Home」だ。本体の傾きに合わせて、登録したアプリのアイコンが動くライブ壁紙なのだが、壁紙上のアイコンをタップすると、アプリを直接起動できる便利機能も備えている。壁紙で楽しみながら、スマートフォンをより便利にできるのがポイントだ。

  • Gravity Homeの利用イメージ

  • 本体の傾きで動くアイコンをタップしてアプリを起動できる

>>Gravity Homeのダウンロードページ

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集