グーグル、傘下のNest製サーモスタットに音声コントロールを搭載

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子 (ガリレオ)2014年12月16日 10時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年1月にNest Labsを32億ドルで買収すると発表して以降、Googleがこの人気の高いスマートサーモスタットと統合を深めるのは時間の問題だった。それから1年近くを経たこのほど、サーモスタットの監視と制御を「Chrome」ブラウザ、または「Android」および「iOS」デバイス向けのGoogleアプリを通じて実行できるようになった。

 中でも注目は、「OK Google」を使った音声コントロール機能を備えていることだ。NestにアクセスするにはGoogleアカウントの認証が必要となるが、いったん認証すれば、自身のスマートフォン、タブレット、コンピュータから温度変更を指示できるようになる。さらに、サーモスタットが室温調節を行う際は常に「Google Now」カードで通知される。スマートで邪魔にならず、室温を管理できる手段となりそうだ。

 音声コントロール機能を導入するのは、Nestのサーモスタットが初めてではない。2013年には、Honeywellが音声コマンドで温度調節できるモデルをリリースしている。

 包括的な音声コントロール機能は、スマートホームへ向けた次の大きな一歩といえそうだ。

提供:Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加