logo

アドビ、第4四半期は予測上回る--写真素材のFotolia買収も発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年12月12日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間12月11日の取引終了後に、第4四半期および2014会計年度の決算(11月28日締め)を発表した。

 Adobeの純利益は7330万ドル(1株当たり14セント)だった。

 非GAAPベースの利益は1株当たり36セントで、売上高は10億7300万ドルだった。

 ウォール街の予測は、売上高10億6000万ドル、1株あたり利益30セントだった。

 2014年通年でみると、Adobeの売上高は41億4700万ドル、非GAAPベースの利益は1株当たり1ドル29セントとなった。

 Adobeによると、有料での「Creative Cloud」登録ユーザー数は345万4000人で、第4四半期単独では、64万4000人が新規に加入したという。同サービスの有料登録者数が281万人と発表していた第3四半期から増加した。

 Adobeは決算発表に続き、ストックコンテンツを購入できるマーケットプレイスを運営する「Fotolia」を買収する計画を発表した。Adobeによると、同社はFotoliaを「Adobe Creative Cloud」に統合する予定で、これによりユーザーは、Fotoliaのデータベースにある3400万点を超える画像や動画を利用できるようになるという。買収の金銭的条件は公表されていない。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集