グーグル、「reCAPTCHA」を刷新--人間とロボットの判別が簡単に

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年12月04日 09時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長年にわたってCAPTCHA開発の最先端として君臨するGoogleの「reCAPTCHA」プロジェクトから、ユーザーの操作を楽にする、同サービスの新しいバージョンがリリースされた。

 ほとんどの場合、ユーザーはもはや歪んだ数字や文字を読み取って入力する必要はない。「I'm not a robot(私はロボットではありません)」と同意するためのボックスにチェックを入れるだけでよくなる。


 Googleは、その操作が不要になる主な理由を2つ挙げている。1つ目は、かなり歪められた文字であってもロボットが読み取れるようになっていること。2つ目は、ユーザーが人間であるかロボットであるかを、そのコネクションの動作特性から高い精度で判別する機能をGoogleが開発したことである。

 ロボットの可能性が高いとリスク分析エンジンが判断したコネクションに対しては、少なくとも現時点では従来のCAPTCHAが提示される。

 同エンジンに対する今回の変更により、携帯端末に対してはモバイルの特性に合った新しいCAPTCHAを提示できるようになった。

 新しい手法に対応するAPIは、既に提供されていて使用することが可能だ。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加