logo

詐欺や迷惑電話を未然に防ぐアプリ「マカフィー セーフ コール」

藤井涼 (編集部)2014年12月03日 19時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは12月3日、日本市場向けに独自開発したAndroidスマートフォン向けの詐欺・迷惑電話防止アプリ「マカフィー セーフ コール」を発表した。データベースを活用し、外部からの不審な電話を自動的に遮断する。まずはKDDIの「auスマートパス」(月額372円)向けに12月4日から配信する。今後はNTTドコモ向けにも提供するという。

 ユーザーは、「マカフィー セーフ コール」の設定画面に表示される3段階のレベルから自分に合ったセキュリティレベルを選ぶだけで、すぐにサービスを利用できる。アプリ内にある詐欺電話・迷惑電話番号リストや未知の電話番号から着信があった際には、分かりやすい表示で通知するか、自動的に着信を切る。また、ユーザー自身が着信を拒否/許可する電話番号を個別に設定することもできる。


着信時の画面表示(左から、安全な着信、迷惑な着信の可能性、危険な着信の可能性、不明な着信)

 このアプリでは、マカフィーのパートナーであるトビラシステムズが提供する、リアルタイムで更新される高精度の「詐欺電話・迷惑電話番号リスト」を活用しているという。今後はマカフィーのセキュリティの知見などを活用することで、リストの精度をさらに高めていく予定だ。

 警察庁によると、1~10月の振り込め詐欺を含む特殊詐欺による被害総額は450億円を超え、同期間の振り込め詐欺の認知件数は、前年同期と比べて約2割増加、被害総額は同約5割増加しているという。また、“オレオレ詐欺”をはじめとした振り込め詐欺全体での被害額は、過去最悪だった2013年を上回るペースで増加しているそうだ。

-PR-企画特集