logo

マイクロソフト、モバイルメールアプリのAcompliを買収

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年12月02日 07時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クロスプラットフォーム戦略の推進を続けるMicrosoftが、サンフランシスコを拠点に電子メールアプリを開発するAcompliを買収した。Microsoft幹部らは米国時間12月1日付けのブログの投稿で、Acompliの買収金額については公表していない。

 Microsoftのコーポレートバイスプレジデントで「Office 365」と「Outlook」を統括するRajesh Jha氏は、同ブログの投稿で、「電子メールメッセージの半数以上が最初に携帯端末上で読まれる時代において、ユーザーがどこに行っても電子メールを素晴らしい環境で利用できるようにすることは不可欠である」と述べた。

 ZimbraとVMwareの元幹部らが率いるAcompliは、2014年4月に同社電子メールアプリの「iOS」版をリリースし、続いて9月には「Android」版をリリースした。モバイルアプリケーションの「Acompli」は、カレンダーや「Microsoft Exchange」が統合されているほか、興味深い点として「Gmail」が統合されている。

 MicrosoftがAcompliをどのように活用する予定であるのか、現時点では何とも言えないところだ。

 Microsoftの幹部らは、Exchangeが統合されたOutlookをiOSとAndroidのユーザーが利用するための唯一かつ主要な手段は「Outlook Web App」だと主張していた。少なくともこれまで、Outlook Web Appは、モバイル版Outlookに対する取り組みでMicrosoftが力を入れている部分であるように見受けられた。

 しかし、多くのiOSとAndroidのユーザーは、Outlook Web Appを素晴らしい製品だとは考えていない。そのためMicrosoftは、モバイル版Outlookの戦略を再考し、Acompliの技術に基づく何らかのネイティブのモバイルメールアプリを、同社がエンタープライズメール分野向けに提供する新しいクロスプラットフォーム製品とすることを計画しているのかもしれない。

提供:Screenshot by Sarah Mitroff/CNET
iOS版Acompliメールアプリ
提供:Screenshot by Sarah Mitroff/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集