logo

ヤマハ、3年ぶりの新バージョン「VOCALOID 4」を発表--12月下旬に発売

佐藤和也 (編集部)2014年11月21日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは11月20日、3年ぶりのVOCALOID新バージョンとなる「VOCALOID 4」を発表。「VOCALOID4 Editor」「VOCALOID4 Editor for Cubase」「VOCALOID4 Library VY1V4」を12月下旬に発売する。価格はいずれもオープン。

  • VOCALOID4 Editor

  • VOCALOID4 Editor for CUBASE

  • VOCALOID4 Library VY1V4

 歌声編集ソフトとなるVOCALOID4 Editorは、ブルースやロックなどをはじめ、喉を震わせるような歌唱表現で求められるような、声を激しく振るわせ唸るような効果が得られるグロウル機能や、2種類の歌声ライブラリをブレンドし、歌声ライブラリ間で自由に音色をコントロールすることが出来るクロスシンセシス機能を搭載。またピッチの変化を視覚的にわかりやすく表示するピッチレンダリング機能も新たに搭載している。

  • ピッチレンダリング機能

 VOCALOID4 Editor for Cubaseは、スタインバーグのDAWソフト「Cubase 7」シリーズ上にVOCALOID4 Editorの機能を組み込めるソフト。外部MIDI機器から入力されたMIDI情報を、リアルタイムでエディット画面に反映する機能を搭載。パッケージ版には、Cubase 7のコンパクトバージョン「Cubase AI」を同梱。歌声制作、作曲、録音、編集、ミックス機能をこれ一本で行えるとしている。

 VOCALOID4 Library VY1V4は女性歌手の声のデータベースが収録された歌声ライブラリ。「VOCALOID3」の歌声ライブラリである「VY1V3」をもとにVOCALOID4に対応したもので、グロウルやクロスシンセシスの性能を最大限に引き出すことができる4つの歌声ライブラリを収録。パッケージイラストは、イラストレーターの坂本ヒメミさんが手がけている。

 同社ではVOCALOID3ユーザーを対象にアップグレードキャンペーンを実施。「VOCALOID3 Editor(SE)」、「VOCALOID Editor for Cubase(NEO)」、「VOCALOID3 Library VY1V3(SE/NEO)」を購入したユーザーは、VOCALOID4 Editor、VOCALOID4 Editor for CubaseもしくはVOCALOID4 Library VY1V4を、公式オンラインサイトである「VOCALOID STORE」にて税込5400円で購入できる。また、11月10日以降にVOCALOID3 Editor(SE)、VOCALOID Editor for Cubase NEOを購入したユーザーには、VOCALOID4 EditorもしくはVOCALOID4 Editor for Cubaseを、2015年6月末まで無償で入手できるキャンペーンもあわせて実施する。

-PR-企画特集