アップル、2015年にも「Beats Music」を「iOS」に組み込む計画か--米報道

Roger Cheng Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年11月20日 07時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは早ければ2015年にも、Beatsの買収によって獲得したサブスクリプション音楽サービスを、「iPhone」と「iPad」に搭載されている「iOS」に組み込む計画だと、Financial Times(FT)が報じている。

 Beatsの名称こそ使わないかもしれないが、Appleはこのサービスを端末にプリロードすれば、SpotifyやRhapsodyといった競合サービスよりも自社サービスを有利に推進できる。サブスクリプション音楽サービスは、新しい収益源となる可能性があるとともに、顧客をAppleのエコシステムの中に囲い込むための手段となる。

 Appleの広報担当者は、報道に対するコメントを避けた。

 AppleによるBeats買収は、同社史上最大の買収額となる30億ドルが投じられ、多大な注目を集めた。このことからも、AppleがBeats Musicを自社端末の中核に据えようと力を入れるのは当然といえる。しかし、Beats MusicをAppleのモバイルOSに組み込むことは、同社がサブスクリプション音楽ストリーミングモデルを正式に認めることを意味する。

 Appleは長い間、この形式を避けてきた。創業者のSteve Jobs氏は、「人は音楽を所有したいと考えるはずだ」と主張していた。しかし、音楽の聴き方は、購入からBeatsのようなサービスを通したレンタルへと移行する傾向にあり、ストリーミング形式は無視できないほど重要なものになりつつある。

 Appleは、同サービスの利用を容易にするため、指紋認証機能「Touch ID」を利用する可能性もあるとFTは報じている。同社は既に、実店舗や一部のウェブサイト上でのモバイル決済や、アプリ内購入で、Touch IDを利用可能にしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加