アイ・オー、リモート配信、視聴を実現した「RECBOX DR」

加納恵 (編集部)2014年11月19日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は11月19日、ハイビジョンレコーディングHDD「RECBOX DR」を発表した。DLPAリモートアクセスガイドライン2.0に対応し、外出先からインターネット経由でPCやスマートフォンから録画番組を視聴できる。発売は12月中旬。

  • 「RECBOX DR」

 2Tバイトモデルの「HVL-DR2.0」(直販サイト価格:3万8664円)、3Tバイトモデルの「HVL-DR3.0」(同:4万5144円)、4Tバイトモデルの「HVL-DR4.0」(同:5万8104円)の3モデルをラインアップする。

 専用アプリ「DR Controller」を用意し、コンテンツの確認、削除やダビングなどをスマートフォンやタブレットからも操作することが可能。視聴アプリ「DiXiM Play SE」をOSごとに1ライセンスずつ無償でダウンロード提供する。

 再生環境に応じて適切な映像サイズにリアルタイムに変換する「Smartplaying Engine」を備え、DTCP-IPに対応した録画テレビからダビングしたフルハイビジョン番組を、0.7Mbps~4.6Mbpsのデータレートを自動もしくは手動で選択し、視聴に最適なサイズにリアルタイムに変換してH.264映像として出力することが可能。HDD上に保存されている元データは圧縮しない。

 高さ45mm×幅127mm×奥行き210mmで、重量約1.3kg。視聴に対応するOSはWindows 8.1、iOS 7.0.4~8.1、Android 4.1~4.4.4になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加