logo

マイクロソフト、「Visual Studio 2015」プレビュー版を公開--新たな無償版も

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年11月13日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間11月12日、次期「Virtual Studio」のプレビュー版と、新たな無料版「Visual Studio 2013」をリリースした。

 「Visual Studio ’14」という開発コードで呼ばれていた次期版の正式名称は、「Visual Studio 2015」となり、「.NET 2015」とともにプレビュー版として公開された。

 Microsoftは2014年6月にVisual Studio 2015の初のプレビュー版を公開した。当時、正式な製品は2015年にリリースすると述べていた。

 Visual Studio 2015には、Microsoftの「Roslyn」.NETコンパイラプラットフォーム、「ASP.NET 5」(開発コード名:「Project K」)、「Apache Cordova」ツールが加わることになっている。MicrosoftはこのリリースでVisual C++の標準サポートの拡充も継続する。技術プレビューでは、スマートユニットテスト(旧Pex)と「Visual Studio Tools for Apache Cordova」の統合も加わっている。

 Microsoftは同日、「Visual Studio Emulator for Android」のプレビュー版も公開した。同エミュレータはVisual Studio 2015プレビュー版をサポートし、Visual Studioを利用してAndroid向けにビルドを構築する開発者をターゲットとしたもの。

 一方で、Microsoftは無償の「Visual Studio Express」に代わって新たに「Visual Studio Community」を発表した。Visual Studio Community 2013は無償で、同日よりダウンロードが可能だ。

 Visual Studio Community 2013は、Peek、Blend、Code Analysis、Graphical Debugging、C#リファクタリングなどのVisual Studioのツールに加え、5000種以上の既存のVisual Studioの拡張機能へのアクセスを含む。個人開発者または小規模組織の開発者向けであり、エンタープライズの開発者向けではないという。

 Microsoftのコーポレートバイスプレジデントで開発者部門責任者のSoma Somasegar氏によると、今後約1年をかけて、趣味のプログラマーをターゲットとしていたVisual Studio Expressを段階的に打ち切る計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集