エプソン、シェアNo.1の理由は3LCD--明るく色鮮やかなビジネス向けプロジェクタ

加納恵 (編集部)2014年11月11日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 左から「EB-537WT/535W/950WH」

 エプソンは11月11日、ビジネス向けプロジェクタの新商品7機種を発表した。全機種に独自の3LCDを採用し、明るく色鮮やかな映像再現を実現する。超短焦点モデルの「EB-536WT/535W/530」3機種と簡単、機能充実モデルの「EB-965H/950WH/940H/950WHV」4機種を用意する。

  • 新製品7モデルの一覧

 EB-536WT/535W/530は、83(530は89)cmの近距離から80インチ画面を投写できる超短焦点プロジェクタ。通常プロジェクタの半分の距離で投写できるため、人の影が画面に写り込まないほか、机の端などに設置できるなど、設置の自由度を高めた。

  • 536WTには2本のペンを付属する

 明るさは3400(530は3200)ルーメンを実現し、コントラスト比も従来の3000対1から1万6000対1へと大幅に向上。明るい部屋でもくっきり鮮やかな画像を再現する。

 536WTのみ、電子黒板機能を搭載し、PCレスで書画カメラやBDの映像の投写面上に文字や図形を直接書き込むことができる。ペンA、ペンBと2本のペンを付属し、2人同時に書き込むことも可能だ。

 536WT/535WはWXGA、530はXGA解像度に対応。いずれも16Wスピーカを内蔵しているほか、HDMI、オーディオ入力、マイク入力といった入出力端子を備え、基本性能も充実している。本体サイズは高さ94mm×幅344mm×奥行き315mmで、重量約3.7(536WTのみ3.9)kg。12月11日に発売する。

  • EB-536WT(想定税別価格:20万円台後半)
  • EB-535W(想定税別価格:15万円台後半)
  • EB-530(想定税別価格:14万円台後半)
  • 3LCD方式(左)とほかの主要方式の色の違い

 EB-965Hは3500ルーメン、940H/950WHは3000ルーメンの明るさを確保したビジネスプロジェクタだ。コントラスト比は1万対1で、明るい部屋でもくっきりとした映像を再現。照明を消したり、ブラインドを閉めたりせずに使用できる。

 専用アプリ「Epson iProjection」を使用すれば、iOSやAndroidのスマートフォンやタブレットから写真、ドキュメント、ウェブサイトなどをワイヤレスで投写することが可能。付属ソフト「EasyMP Multi PC Projection」により、プロジェクタにネットワーク接続している最大50台のスマートフォンやタブレット、PCから投写画面を選択して、1~4面分割で表示することもできる。

 別売の書画カメラ「ELPDC06」とUSB接続して使用できるほか、950WHに書画カメラをセットにした「EB-950WHV」も取り扱う。サイズは高さ87mm×幅297mm×奥行き244(965Hは269)mmで、重量約2.7(965Hは2.9)kg。小型軽量ボディのため、持ち運んでの使用にも対応する。

  • EB-965H(想定税別価格:15万円台後半)
  • EB-950WH(想定税別価格:14万円台後半)
  • EB-940H(想定税別価格:13万円台後半)
  • EB-950WHV(想定税別価格:18万円台後半)
  • エプソン販売取締役販売推進本部長の鈴村文徳氏

 エプソンでは、現在ビジネスプロジェクタのシェア、19年No.1を獲得しており、20年連続でのシェアNo.1に向けて取り組んでいる。エプソン販売取締役販売推進本部長の鈴村文徳氏は「このように非常に長い期間トップシェアを実現できた根源はエプソンのコア技術である『3LCD』技術だと思う。このコア技術にフォーカスをあて、しっかりと伝える活動をやっていきたい」と話した。エプソンでは新商品を今後1年間で1万2000台販売していく構えだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加