ティアック、ハイレゾプレーヤー内蔵ポタアン--DSD 5.6MHzネイティブ対応

加納恵 (編集部)2014年11月05日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HA-P90SD」

 ティアックは11月5日、ハイレゾ音源に対応したポータブルヘッドホンアンプ/プレーヤー「HA-P90SD」を発表した。DSD 5.6MHzネイティブ再生に対応する。発売は12月上旬。想定税別価格は7万2000円前後になる。

 すでに10月25日に「秋のヘッドフォン祭 2014」の会場内にて発表されており、今回が正式発表になる。

 ディスクリート構成のパワーアンプ回路と、DSDに対応した高音質なデジタル回路を搭載。MacやWindowsからはもちろん、iOSやAndroidデバイスからも、最大DSD 5.6MHz、PCM 192kHz/24bitのハイレゾ音源をダウンコンバートすることなく再生することが可能。Mac、Windows、iOS、Androidそれぞれのプラットフォームでハイレゾ音源を再生できるアプリ「TEAC HR Audio Player」を無償で提供する。

 本体にはmicroSDカードスロットを備え、microSDカードからのWAV、MP3、AAC、FLAC、DSF、DFF(DSDIFF)形式の音楽ファイル再生を実現。対応サンプリング周波数は、DSD 5.6MHzネイティブ再生やPCM 192kHz/24bitに対応する。

 サイズは高さ21.5mm×幅69.6mm×奥行き123mmで、重量約280g。内蔵リチウムイオン充電池で駆動し、デジタル接続時は約7時間の連続再生が可能だ。

  • 2色展開になる

  • ヘッドフォン端子やデジタル入力端子などを備える

  • USB Aタイプ、microUSB Bタイプ

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加