logo

「Yosemite」、リリースから半月で全Macの20%に--Net Application調査

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年11月04日 12時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Net Applicationsの調査によると、「Mac OS X 10.10」(開発コード名:「Yosemite」)は、検知された全Mac OS Xの19.4%を占めるという。

 Yosemiteは米国時間10月16日に無料のアップグレードとしてリリースされた。19.4%はわずか半月でとげた成長となる。2013年10月の「Mac OS X 10.9」(同「Mavericks」)リリースでは、10月のピーク使用率は10.9%だった(ただしリリース日は22日)。

 そのMavericksは現在、全Macユーザーの半分以上を占めている。残りは、Mac OS X 10.6(同「Snow Leopard」)、10.7(同「Lion」)、10.8(同「Mountain Lion」)などだ。Appleはこれらのバージョンのサポートを終了しており、セキュリティアップデートやパッチは提供されない。

 Yosemiteは多数の新機能を含む。多くが、「iOS」とMac OS Xの差異を少なくするためのもので、Mavericksが動く全てのMac OS Xマシンで動作する。

 Yosemiteが前バージョンと比較すると急ピッチで受け入れられている一方で、「iOS 8」の受け入れは減速傾向にある。リリースから40日でiOS 8と8.1は計52%に達したが、前バージョンと比べると遅いようだ。iOS 8はファイル容量が大きいために端末側に十分な空き容量が必要となる上、「iPhone 6 Plus」に影響が及ぶ問題が当初あったことがユーザーの興味を損なっているようだ。それでも、「Android」などのプラットフォームと比較すると最新版の浸透は早いといえる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集