logo

シャープ、視聴と予約を一度に2画面でこなすBDレコーダー「AQUOSブルーレイ」

加納恵 (編集部)2014年10月23日 15時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「BD-T1650」

 シャープは10月23日、再生中でも番組予約や編集操作ができる「2画面見ながら操作」を搭載したBDレコーダー「AQUOSブルーレイ」に1TバイトのHDDを内蔵した「BD-T1650」(T1650)を発表した。発売は11月12日。想定税別価格は8万円前後になる。

 2画面見ながら操作は、再生中でも番組予約ができたり、番組を見ながら裏番組を動画で確認できたりする機能。5月に発表された「BD-T3600」などにも採用されている。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナを3基備え、3番組同時録画を実現。「3チャンネル自動録画」機能も搭載し、1日最大18時間まで、好きなチャンネルを3つ指定して自動録画することも可能だ。

 録画済み番組は、「新・グループリスト」により、カテゴリや人名ごとに自動的に整理でき、視聴したい番組の検索も素早くできるとのこと。レコーダーに録画してある番組を、外出先から視聴できる「外からリモート視聴」にも対応する。

 お客様相談センターのオペレーターが、ネットを経由して遠隔で確認しながら操作の相談による「あんしんリモートサポート」も設ける。サイズは高さ61mm×幅430mm×奥行き236mmで、重量約3.3kg。リモコンの「かんたんメニュー」ボタンを押せば、音声で操作方法を教える「音声ガイド付きかんたんメニュー」も搭載する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集