logo

ヤマハ、灯りと音楽で癒やしの空間--インテリアオーディオ「Relit」に新モデル

加納恵 (編集部)2014年10月22日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライティングオーディオシステム「Relit」

 ヤマハは10月22日、LEDライトとBluetoothスピーカを一体化したライティングオーディオシステム「Relit(レリット)」に新モデル「LSX-70/170」を発表した。2013年に発売した「LSX-700」とあわせ、全3モデルで展開していく。発売は11月中旬から順次。税別価格はLSX-70が4万5000円、LSX-170が6万円になる。

 Relitは、灯りと音楽の融合をテーマに2013年に発売されたインテリアアイテム。自立式オーディオシステム「Restio」などとともに、インテリアショップなどで販売されている。

 LSX-70は4cmのトゥイータと5.5cmのウーファ、LSX-170は3cmのソフトドームトゥイータと9cmのウーファを搭載した2ウェイ構成。両機種ともに反射板となるデュフューザーを設けることで、360度に音を拡散できる。

 圧縮音源に低音域や高音域を加える独自の「ミュージック・エンハンサー」や小音量時でも豊かな音を再生する「ラウドネスコントロール」を備え、高音質再生をサポート。専用アプリ「DTA CONTROLLER」を使用すれば、スマートフォンやタブレットから再生、停止、音量調整、音質調整、楽曲選択などが操作可能だ。

 LSX-70は、高さ241mm×幅94mm×奥行き94mmで、重量約0.95kgの円筒形デザインを採用。LEDライトを4個備え、5段階の明るさ調整に対応する。本体には2900mAhの内蔵バッテリを備え、約4時間の充電で約3.5時間のオーディオ&ライトの同時使用ができる。

  • 「LSX-70」

  • LEDライト点灯中

  • 本体下部の背面に操作部を備える

  • ディフューザー部

  • 持った時に手になじむよう下部はレザーグリップ仕上げ

 LSX-170は、高さ290mm×幅271mm×奥行き271mmで、重量約3.3kg。円錐形デザインを採用した据え置きモデルになる。LEDライトは11個搭載し、10段階明るさ調整を実現した。両機種ともにDTA CONTROLLERと連携すれば、ライトと音楽のオン、オフのタイマー設定ができる。

  • 「LSX-170」

  • LEDライト点灯中

  • 操作部は本体下部に装備

  • ディフューザー部

  • 発表会場ではRelitをイメージしたミニコンサートが開催された


ヤマハミュージックジャパンAV・流通営業本部本部長の猿谷徹氏

 ヤマハミュージックジャパンAV・流通営業本部本部長の猿谷徹氏は「Relitはデザイン性の高い、大変ユニークな商品。このようなモデルを世に出すことを、ヤマハの社員として誇りに思う。今、日本企業は元気がないと言われ、リスクを避けた無難な商品を出した方が良い傾向が高まっているが、本当に問われているのは独自の商品を作れる力。Relitは照明とオーディオが融合した新しい商品になっており、この商品を通してヤマハがリスクを冒してでも新しい活力にあふれる会社ということをアピールしたい」と開発背景を話した。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集