logo

米ヤフー、広告販売責任者にThe Washington Post幹部が就任へ

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2014年10月16日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Washington Postは米国時間10月14日、同社で最高レベニュー責任者(CRO)を務めていたKevin Gentzel氏が米Yahooへ移り、北米広告販売部門のトップに就任すると発表した。Yahooも米CNETに対して、この事実を認めた。

 The Washington Postは、CROのGentzel氏が同社を退職する予定だと伝えたが、Yahooで仕事を始める時期については明らかにしていない。Gentzel氏がCROに在任中、2013年にThe Washington Postのデジタル広告の売り上げは史上最高額に達したと、同紙はGentzel氏の功績を称えている。

 Gentzel氏は、声明文で次のように述べている。「これほどの大きなチャンスでなければ、The Washington Postとこのチームを去ることなど考えもしなかっただろう。The Washington Postは、私がずっと崇拝してきたブランドであり、このチームに対して心からの尊敬と称賛を抱いていたからだ」

 Yahooでは、Gentzel氏は米州地域のトップを務めるNed Brody氏の直属となる。2014年1月に最高経営責任者(CEO)のMarissa Mayer氏が最高執行責任者(COO)のHenrique de Castro氏を解雇した後、Yahooは経営立て直しの一環として広告担当の幹部を探していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集