CEATEC JAPAN 2014

CEATECで会える最新ロボット--オムロンの卓球ロボット編

加納恵 (編集部)2014年10月08日 17時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月7~11日まで、千葉の幕張メッセで開催している最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」。会場には、最新ロボットもいくつか登場している。

 会場内でも大規模な設備で目立っていたのがオムロンの卓球ロボットだ。高さは2.7mで重量は600kg。人とロボットが卓球のラリーを長く続けることを目的にしており、人が打ち返しやすい場所に返球できるという。

 内部には2種類の画像センサ、予測制御プログラム、産業用コントローラ、ロボットハンド、5台のサーボモータを搭載。2種類の画像センサが「人の位置」「人のラケットの位置」「球の3次元での位置と速度」を計測し、ロボット側に返ってくる「球の軌道と速度」を予測。予測した情報をもとにロボット側のラケットの軌道を計算するという。

 その後産業用コントローラに計算結果を出して、ロボットハンドを1000分の1秒単位で制御し、相手と同様の速度で打ち返しやすい場所に返球する。

 採用されているセンシング&コントロール技術は、工場自動化用の機器、家電、通信、健康医療機器など幅広い領域に展開し、製品、サービスとして提供しているとのことだ。

オムロンの卓球ロボット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加