VAIO、12.3型タブレットPCの試作機をAdobe MAXで公開--ウェブで開発経緯の詳細も

坂本純子 (編集部)2014年10月07日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは10月7日、米国ロサンゼルスで開催されているAdobeのイベント「Adobe MAX 2014」にて、タブレットPCの試作機「VAIO Prototype Tablet PC」を出展したことを明らかにした。発売時期は未定。

タブレットPCの試作機「VAIO Prototype Tablet PC」
タブレットPCの試作機「VAIO Prototype Tablet PC」

 披露されたのは、キーボードとディスプレイが分離するセパレート型のタブレットPCだ。VAIOのウェブサイトでは「未完成を、共有します」とし、開発に至った経緯や思い、プロのイラストレーターや漫画家らにモニタリングをしてもらいながら開発していることがつづられている。開発のきっかけは、「PCと紙のノートの両方を持ち歩き、使い分けている人を見て、何で?と思ったのが始まり」と明かしている。

 Adobe Max 2014で披露した理由について、「クリエータが集まる世界最大のイベント。フィードバックをもらうには最適の場所と考えた」と説明する。

 試作段階のスペックは、12.3型の液晶(2560×1704)を搭載し、CPUはインテル Core プロセッサ H プロセッサーライン(Quad-Core プロセッサ)、USB 3.0×2ポート、HDMIポート、Mini Display Port、LANポート、SDXCカードスロットを備える。

 VAIOはソニーから離れ、7月から「VAIO株式会社」として始動している。8月より「VAIO Pro」と「VAIO Fit」を販売しているが、ソニー時代の製品をベースにしたものだ。このVAIO Prototype Tablet PCは、新生VAIOとして期待される初のプロダクトだ。

キーボードとディスプレイが分離するセパレート型のタブレットPCだ
キーボードとディスプレイが分離するセパレート型のタブレットPCだ
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加