logo
ものづくりを加速させる「3Dプリンタ」

子ども向け「3Dプリント」体験イベント--10月10日・11日、東京ビッグサイトで

井指啓吾 (編集部)2014年10月04日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本トイザらスとオフィス24は10月10日と11日、FQ JAPANが東京ビッグサイトで開催する「イクフェス2014」の日本トイザらスブース内で、iPadを使って3Dモデルのデータ作成体験ができる子ども向けワークショップを開催する。


 オフィス24は、3Dプリント専門店「Office24 Studio(オフィス24スタジオ)」を運営する企業。店内では、3Dデータの出力サービスや時間課金の3Dセルフプリントサービスを提供している。7月には店内でも子ども向けワークショップを開催しており、事前に参加を受け付けた4組の親子が参加した。

 今回のワークショップでは、10月10日に誕生日を迎えるトイザらスの公式キャラクター「ジェフリー」に贈る「誕生日ケーキ」をテーマとする。子ども達は、iPadにダウンロードされた専用アプリ「Sunny 3D」を使い、3Dデータ作成を体験できる。ブース内では、3Dスキャンされたジェフリーが3Dデータ化される様子や、3Dプリンタで出力される様子が映像で紹介されるという。


 参加は無料。参加可能な人数は、10月10日は先着30人、11日は先着25人。参加者には3Dプリンタで出力されたジェフリーのフィギュアがプレゼントされる。

-PR-企画特集