日本HP、Chrome OS搭載11インチノート「HP Chromebook 11 G3」--教育機関や企業向けに

坂本純子 (編集部)2014年10月01日 20時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、Chrome OSを搭載する11インチノートPC「HP Chromebook 11 G3」を10月中旬より発売すると発表した。

 ソフトバンク コマース&サービスを通じて、Googleが認定する「Chrome管理コンソール」の販売店経由にて、教育機関、企業向けに販売する。

 11.6インチHDディスプレイを搭載し、駆動時間は約8時間。CPUはインテル Celeron プロセッサ N2830(2コア、1MB L2キャッシュ、2.16-2.41GHz)で、メモリは4Gバイト。ストレージは16GバイトのSSDだ。USB3.0、USB2.0、HDMIポート、SDスロットを搭載し、IEEE 802.11acにも対応する。重さは約1.28kg。

 Chromebookは、ウェブブラウザ上で動作するアプリケーションを利用し、データはクラウド上に保存される。デバイスを一括管理する「Chrome管理コンソール」により、デバイス、アプリケーション、セキュリティポリシーの管理などをインターネット経由で行える。これらの特長から、特にマルチユーザーで使用する機会が多い教育機関、企業等での導入が見込まれている。

HP Chromebook 11 G3
HP Chromebook 11 G3
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加