パイオニア、車のバックミラーに情報を表示--ミラー型テレマティクス端末開発

加納恵 (編集部)2014年10月01日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9月30日、LTE通信モジュールを搭載したミラー型テレマティクス端末を開発したと発表した。「音声対話型ドライブエージェントサービス」を使って、リアルタイム情報の入手やナビ機能の操作ができる。2014年度中の発売を予定している。

 ミラー型テレマティクス端末は、ハーフミラータイプの5型静電式タッチパネル付き液晶を搭載し、ダッシュボードの形状や取付スペースなどの制約を受けることなく、車のバックミラーに簡単に取り付けが可能。ハーフミラータイプなので、情報を表示しない時には全面をバックミラーとして使用できる。

 LTE回線を使って常時ネットワークに接続ができるため、クラウド上のさまざまなリアルタイム情報やサービスの利用が可能。音声対話型ドライブエージェントサービスの搭載により、走行中でも対話方式の音声操作で最新の地図や渋滞情報、ニュースなどドライブに役立つリアルタイム情報の取得や、周辺検索、ナビ機能の操作などができる。

 背面には広角車載フロントカメラを内蔵し、撮影した画像を独自の画像センシング技術を用いて解析することで、片寄り走行や前方車両発進を画像と音声で知らせる安心運転支援サービスを搭載。前方を撮影・記録するドライブレコーダーとしても使用できる。

 本体には専用アプリをインストールでき、GNSS(全地球型測位システム)や通信機能を使った車両の動態管理やドライバーへのメッセージ送信など、幅広い活用も可能だ。

 なお、NTTドコモと主回線契約しているユーザーがセット料金で契約できる「デバイスプラス300」(月額税別:300円、ISP料金別途)の対象機種として提供される予定だ。


ミラー型テレマティクス端末の装着イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加