ドコモ、2014年冬春モデル16機種を発表--全モデルが「VoLTE」に対応

藤井涼 (編集部)2014年09月30日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月30日、2014年冬~2015年春モデルとなる新製品を10月4日から順次発売すると発表した。スマートフォン7機種、タブレット2機種、フィーチャーフォン2機種、らくらくホン1機種、キッズケータイ1機種、キッズ向け腕時計型端末1機種、データ通信端末2機種の全16機種となる。

2014年冬〜2015年春モデルラインアップ
2014年冬〜2015年春モデルラインアップ

 冬春モデルでは、従来の3Gと比較してクリアな音声通話が可能になる「VoLTE(ボルテ)」にスマートフォン全機種が対応。また、CDよりも高音質なハイレゾ音源が再生できるようになったほか、ホームアプリ「docomo Live UX」がクラウドに対応し、複数の端末でホーム画面のレイアウトを引き継げるようになった。さらに、データ通信端末が下り最大225Mbpsの高速通信が可能な「LTE-Advanced」に対応した。


2014年冬~2015年春モデル

スマホは7機種--Xperia最新モデルや曲面スマホ

 スマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z3 SO-01G」、「Xperia Z3 Compact SO-02G」、シャープ製「AQUOS ZETA SH-01G」、富士通製「ARROWS NX F-02G」、サムスン製「GALAXY Note Edge SC-01G」、「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」、シャープ製「Disney Mobile on docomo SH-02G」の7機種。

  • 「Xperia Z3 SO-01G」

 Xperia Z3は、Xperia史上最高のISO感度で、暗い場所でも明るくクリアな写真を撮れる5.2インチのスマートフォン。電子式手ぶれ補正技術「インテリジェントアクティブ」により、動きながら撮影してもブレを抑えた映像を残せる。本体のコーナーには傷に強い樹脂を、背面には指紋がつきにくい強化ガラスを使用している。カバーを付けたまま通話ができる専用カバーも販売する。10月下旬に発売予定で、本体カラーはホワイト、ブラック、コッパー、シルバーグリーンの4色。

  • 「Xperia Z3 Compact SO-02G」

 Xperia Z3 Compactは、その名の通りコンパクトサイズのスマートフォン。Xperia Z3が約5.2インチであるのに対し、Xperia Z3 Compactは約4.6インチとなっている。Xperia Z3と同様に暗い場所でも明るくクリアな写真を撮れる。ボディは、透明感のあるサイドフレームと光沢のある背面、アルミ素材の電源キーなどが特徴だ。11月中旬に発売予定で、本体カラーは海をイメージした鮮やかなオレンジ、ホワイト、ブラック、グリーンの4色。

  • 「AQUOS ZETA SH-01G」

 AQUOS ZETAは、省電力の「IGZO」ディスプレイと、フレームを限りなく細くした「EDGEST(エッジスト)」デザインを採用した5.5インチスマートフォン。カメラは光学式手ブレ補正を搭載し、内側カメラは複数人で撮れるワイド撮影に対応。Wi-FiとLTEへの同時接続による高速通信が可能だ。さらに、電池が減ると「お腹が空きました」、落とすと「痛いです」などと喋る「エモバー」機能を搭載した。11月中旬に発売予定で、本体カラーはインディゴ、ホワイト、シアン、コーラルの4色。

  • 「ARROWS NX F-02G」

 ARROWS NXは、フルHDディスプレイの1.8倍高精細なWQHDディスプレイを搭載したスマートフォン。どの角度から見ても色や輝度変化の少ない広視野角IPS液晶を採用。ボディは本物の金属を使ったメタルエッジフレームにより高級感と先進感を表現した。また、間違って入力した文字を補正する「Super ATOK ULTIAS」を搭載するほか、ユーザーの使い方に合わせてホーム画面上にアプリアイコンを表示する「パーソナルアシスト」機能も備えた。10月下旬に発売予定で、本体カラーはブラック、ホワイト、オレンジの3色。

  • 「GALAXY Note Edge SC-01G」

 GALAXY Note Edgeは、曲面有機ELディスプレイを搭載した5.6インチのスマートフォン。独立して動く曲面ディスプレイ「エッジスクリーン」ではさまざまな情報を確認できるほか、カメラやメディアプレーヤーもより画面を広く使える。また、インカメラにはF値1.9の高画質カメラを搭載。画素数も2014年冬モデルの中では最高の370万画素となっている。さらに、ドコモスマートフォン初のTD-LTEと700MHzに対応するため、世界中でLTEが使用可能だ。10月下旬以降に発売予定で、本体カラーはチャコールブラックとフロストホワイトの2色。なお、フロストホワイトの発売は11月中旬になる。

  • 「GALAXY S5 Active SC-02G」

 GALAXY S5 Activeは、米軍のMIL規格をクリアした耐衝撃性を備えるタフネススマートフォン。スマートフォントップクラスの防水、防じん性能により、汚れても水道の水で洗い流せる。しっかりと握れるバンパーデザインを採用しているほか、ホームや戻るなどのボタンをハードキーで実現。手袋をしていても操作ができる。側面のアクティブキーでは「アクティビティゾーン」を呼び出して、コンパスや気圧計、トーチライトを使用可能だ。10月4日に発売予定で、本体カラーはカモグリーンとチタニウムグレイの2色。

  • 「Disney Mobile on docomo SH-02G」

 Disney Mobile on docomo SH-02Gは、お馴染みのディズニーとのコラボモデル。ボディは、側面のイルミネーションと、オーロラ色のミッキー&ミニーの背面デザインが特徴。今回は大ヒット映画「アナと雪の女王」のコンテンツをふんだんに盛り込んでおり、主題歌「Let It Go」やイルミネーション連動のライブ壁紙などがプリインストールされている。また、ディズニーマーケットに登録すれば100以上のアプリと3万以上のコンテンツを無料で楽しめる。なお、サプライズアニメーションが楽しめる光るスマホピアスが同梱されるという。11月中旬に発売予定で、本体カラーはスパークリングホワイト、ライトピンク、アイスブルーの3色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加