logo

アップル、「iOS 8.0.2」を「数日間」のうちにリリースへ

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年09月26日 08時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間9月24日に「iOS 8.0.1」の撤回を決断したAppleは現在、ユーザーらに対して同OSをバージョン8.0に戻すよう勧めている。

 Appleは、「iOS 8」のアップデートを再びリリースする意向だ。iOS 8.0.1適用後、主に新機種の「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」において携帯電話サービスが利用できなくなったり、「Touch ID」の指紋認証が機能しなくなるという報告が多数寄せられたことを受けて、同社は25日、同アップデートを撤回していた。

 問題は、1つの国や特定のネットワークに限定されるものではなく、米国、英国、オーストラリアの通信ネットワークを利用するiPhone 6に影響したようだった。

 Appleは現在、この問題に対するアドバイザリを掲載しており、影響を受けたユーザーらに対して、手順に従うことを求めている。

 Appleのアドバイザリには、「iPhone 6またはiPhone 6 Plusを所有し、iOS 8.0.1にアップデートした後に携帯電話サービスとTouch ID機能が利用できない状態にあるユーザーに対する回避策を用意した」と記されている。

 「この問題を修正する『iOS 8.0.2』を現在準備中であり、準備が整い次第、今後数日間のうちにリリースする予定である」と同アドバイザリには書かれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集