logo

見た目はアナログ、中身はデジタル--パナソニックからカセットテープ型ICレコーダー

加納恵 (編集部)2014年09月22日 15時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「RR-SR30」

 パナソニックは9月22日、カセットテープ型デザインを採用したICレコーダー「RR-SR30」を発表した。ステレオマイクとスピーカー2個を搭載する。発売は10月17日。想定税別価格は9000円前後になる。

 高さ69.2mm×幅109.9mm×奥行き23.6mmで、重量約106g(電池含む)のコンパクトボディに、カセットテープ型のデザインを採用。再生、停止、録音ボタンはカセットテープレコーダーのような配置になっており、テープレコーダー感覚で使用することができる。中央の表示部には録音時間などが表示されるほかリールハブのイラストが回転し、録音、再生などの動作状況がひと目で確認が可能だ。

 8Gバイトの内蔵メモリを備え、MP3形式による録音に対応。標準モードで約90時間、長時間モードで約180時間の録音ができる。

 0.7倍速の「遅聞き機能」、1.5倍速の「早聞き機能」を装備し、「日付検索機能」も搭載。操作時の内容や設定した情報は「音声ガイド」で確認できる。単4形乾電池2本で駆動し、アルカリ乾電池を使えば、最大約44.5時間の録音に対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集