logo

買ったばかりの「iPhone 6」をテレビ取材に応じてうっかり落下--オーストラリアの男性

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年09月22日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい「iPhone」を購入しようと数時間(数日ではないが)並んだAppleファンにとって、極めて貴重なものを落としてしまうことほど恐ろしいことはないだろう。それでもこういったことが本当にオーストラリアの男性の身に起こってしまった。

 Jack Cookseyさんは、現地時間9月19日の早い時間から、西オーストラリアのパースにあるApple Storeで列の先頭にいた。開店して「iPhone 6」を購入した後、Cookseyさんは有頂天になって、地元のニュース局の取材班にiPhone 6を見せていた。Cookseyさんは、インタビューの最中、iPhone 6の箱をうまく開けることができなかったようだ。箱のふたを外すとすぐさま、入手したばかりのiPhoneを道に落としてしまった。

 Cookseyさんの周囲からは少しの間、驚き(と笑い)が起きていた。すぐにかがんでiPhoneを拾い上げたが、落下という恐ろしい事態に耐えたことがわかり、大いに安堵した。

 この出来事はすべてテレビの生中継で取り上げられたが、iPhone 6の落下という事件としては世界で最初の出来事となったかもしれない。オーストラリアのAppleファンは、同国がある時間帯のおかげで、iPhone 6とiPhone 6 Plusを世界で最初に手にすることができた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集