logo

アップルのクックCEO、プライバシーポリシーを説明--他社とは「極めて異なる考え」

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年09月19日 08時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は米国時間9月17日にメッセージを掲載し、Appleは、顧客情報を収集および活用して利益を上げることもあるシリコンバレーの他の企業とは「極めて異なる考え」をもっていると述べた。同氏は先ごろ、テレビ番組のインタビューでもプライバシーに関して同様の発言をしている。

 Cook氏は、Appleのプライバシーページに公開したメッセージの中で、「われわれは、電子メールの内容やウェブ閲覧履歴に基づいてユーザーのプロファイルを作成し、広告主に売るようなことはしない。われわれは、ユーザーが『iPhone』や『iCloud』に保存した情報を『収益化』することはない。また、ユーザーの電子メールやメッセージを読んで、ユーザーに売り込む情報を得ることもない」と記している。

 Cook氏のメッセージには、Appleの顧客データが政府諜報機関の監視対象にはならないことを再確認する意図もあった。政府の諜報機関は、Google、Microsoft、米Yahooなどから情報を入手していたと報じられていた。

 「どの製品やサービスにおいても、どの国のどの政府機関とも、バックドアを作成するために協力したことは決してない。このことを、はっきりさせておきたい」とCook氏は述べた。「サーバへのアクセスを許可したこともこれまでに一度もないし、今後も決してしない」(Cook氏)

 同じポリシーが今はユーザーの個人用携帯端末にも適用されているとCook氏は記している。Appleが17日にリリースした新モバイルOS「iOS 8」を搭載する端末上のデータは、Appleが迂回することのできないユーザーの個人的なパスコードによって保護されると同氏は述べた。

 「したがって、iOS 8を搭載する個人所有の端末からこのデータを抽出することを命じる政府機関の令状に、われわれが応じることは技術的に不可能である」(Cook氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集