logo

アップル、「iOS 8」で修正した53件の脆弱性を公開

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年09月18日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは「iOS 8」のリリースにともない、新バージョンで修正した53件の脆弱性を明らかにした

 最も深刻な脆弱性では、攻撃者がデバイス上で、ルート権限でコードを実行できてしまうおそれがある。これ以外の複数の脆弱性では、カーネル権限またはシステム権限でコードを実行できてしまうおそれがある。これらの脆弱性を悪用するには、デバイス上でコードを実行できなければならないが、リモートコード実行につながる脆弱性も多数明らかにされており、このうちの1つを利用してコードが実行される可能性がある。こうした脆弱性の多くはブラウザエンジンのWebkitに存在する。つまり、このような攻撃はユーザーが悪意のあるウェブページを訪れた際に行われる可能性があるということだ。

 これらの問題は、その多くが深刻なもので、古いバージョンのiOSにはまだ存在している。古いバージョンに対して修正しないのはAppleでは通常のことであり、iOS 7.xのユーザーはこうした問題に対して脆弱性を抱えたままとなっている。

 これほどではないが、やはり深刻なのは、不正なアクセスポイントによって、iOSのWi-Fi認証情報が盗まれる可能性があることだ。これは、iOSではデフォルトで有効になっていた古く不具合のある認証プロトコルを使って行われる。このプロトコル「Lightweight Extensible Authentication Protocol(LEAP)」は、iOS 8ではデフォルトで無効になっている。

 別のバグでは、/tmpに書き込みアクセス権限を持つ攻撃者が未承認アプリをインストールできてしまう可能性がある。また複数の脆弱性では、アプリがデバイスをオフにしたり、再起動させたりする可能性がある。

 攻撃者がログやApple IDなどの機密情報にアクセスできてしまう脆弱性や、攻撃者がカーネルメモリの情報を特定してアドレス空間配置のランダム化(ASLR)などの保護を迂回できてしまう脆弱性もある。

 53件の脆弱性のうち4件は、2013年に明らかにされていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集