パワフルなJBLサウンドを再現するアクティブスピーカ「Authentics」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーマンインターナショナルは9月16日、JBLブランドのアクティブスピーカ「Authentics(オーセンティックス)」シリーズとして、300Wの出力で3ウェイ構成の「Authentics L16」と、120Wの出力で2ウェイ構成の「Authentics L8」を発表した。10月10日に発売する。税抜想定価格は L16が11万8000円、L8が6万円。


「Authentics L16」

「Authentics L8」

 L16、L8とも、本体底面にバスレフポートを装備。低音をより豊かに表現できる、明瞭でパワフルなJBLサウンドを実現したという。さまざまな圧縮フォーマットのビットレートに最適な形で対応し、高音質で楽しむことができる、独自の音楽補正技術「クラリファイ」も搭載した。

 いずれも、Bluetooth、AirPlay、DLNA、光デジタル、アナログ入力に対応。さらにL16は、レコードプレーヤー接続にも対応し、MM型/MC型カートリッジ対応のフォノイコライザーを搭載している。

 外観には1971年発売のJBLラウドスピーカ「L100センチュリー」をモチーフとした、ウレタンフォームのグリルなど、アコースティックなデザインを採用した。L16は、ウォールナットを使用した落ち着きのある仕上げになっている。L8は光沢あるブラックで、ピアノの天板のような仕上げだ。

 L16のサイズは、高さ205mm×幅690mm×奥行き260mmで、重量は12.7kg、L8のサイズは高さ160mm×幅565mm×奥行き230mmで、重量は7.2kgとなる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加