logo

アップルのクックCEO、「iPhone 6」など新製品や今後を語る--ジョブズ氏にも言及 - (page 2)

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子 (ガリレオ)2014年09月16日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Beats

 Appleは2014年、Beatsを買収した。Cook氏はこの決定を下した理由について、Beatsのチームに才能を見出し、また同社のサブスクリプションサービスに感銘を受けたからだと語った。Cook氏は、Beats創設者のDr. Dre氏とJimmy Iovine氏を「クリエーションの天才」と呼び、「Beatsブランドで素晴らしい仕事をした」と評した。

Jobs氏について

 「Steveのことは毎日考える。彼はAppleのDNAに深く刻み込まれている。彼の精神は、これからもずっと会社の基盤であり続けるだろう」とCook氏は述べた。実際、AppleではJobs氏のオフィスをそのままの状態で残していて、ドアには同氏の名前が掲げられているという。

 Jobs氏から後継者に指名されたときは驚いたが、それでもJobs氏の判断を信頼したとCook氏は話す。「私が彼のようではないこと、彼のコピーではないことをわかったうえで、彼は私を選んだ。だから彼がこのことを、誰にAppleを率いさせたいかということを深く考え抜いたのは間違いない」

 「私は、彼のようになろうとしたことは一度もない。なぜなら、私がなれる唯一の人間は私自身だとわかっていたから。私は、私がなりうる最高のTim Cookになろうと努めている」とCook氏は述べた。

今後の取り組み

 Appleが次に何を思い描いているかについてCook氏は明言を避けたが、「誰も知らない複数の製品に取り組んでいることはたしかだ。まだうわさにもなっていない製品だ」と述べた。

 「常に全力を注ぎ続けることで初めて、最高の仕事ができることをわれわれは知っている。われわれがこれまでに下した最も困難な決断は、過去に断念したすべての取り組みだ」とCook氏は語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]