logo

「iPod classic」、アップルオンラインストアで販売終了

Nick Statt Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年09月10日 14時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最初の「iPod」は、13年前の2001年10月に登場した。売り上げが落ち込み、会員制ストリーミングサービスを利用するユーザーが増えても、iPodは長年にわたり、Appleの中核製品カテゴリの座にとどまった。だが、Appleが米国時間9月9日に「iPhone 6」と「Apple Watch」を発表し、より大画面のスマートフォンや手首に装着するウェアラブル機器へと軸足を移す中で、スタンドアロンのMP3プレーヤーは、販売を継続するには時代遅れになりすぎた。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

 Appleのオンラインストアが9日午後12時頃(太平洋時間)にメンテナンスから復旧したとき、2007年に誕生し、タッチスクリーンを持たないApple最後の音楽プレーヤーとなった「iPod classic」はオンラインストアから消えていた。

 Appleが第6世代のiPodに別れを告げても意外ではない。iPod classicは、最終的に容量が最大160Gバイトとなり、販売ピーク時の2008年には、iPodシリーズ全体の出荷台数5483万台のうち、大きな割合を占めた。だが、Appleの「iPhone」や、その競合製品である「Android」搭載スマートフォンの販売がMP3プレーヤー市場を侵食し始める中で、iPod出荷台数は着実に下降線をたどりだす。その一方で、タブレット製品の「iPad」のような新しいデバイスフォームファクタが、新たな市場を開拓した。

 その間ずっと、iPod classicは持ちこたえてきた。値下げ(2009年9月には160Gバイトモデルの価格が249ドル)と、熱心な音楽ファンの間で「実用本位のMP3プレーヤーを求める者にとって最高の万能ガジェット」と位置づけられていたおかげで、iPod classicは、Appleファンの心の中でノスタルジックな位置を占めた。それに、愛すべきクリックアンドホイールを誰が忘れられようか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集