スマートウォッチ「MYKRONOZ」と「COGITO」が日本上陸

藤井涼 (編集部)2014年09月05日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 加賀電子の子会社である加賀ハイテックは9月5日、スマートウォッチブランド「MYKRONOZ(マイクロノス)」と「COGITO(コジト)」の国内正規代理店となり、9月26日より、両製品を全国の家電量販店やECサイトで発売することを発表した。

  • 「MYKRONOZ」の4製品

 MYKRONOZは、スイスのKRONOZが2013年4月から世界で販売するスマートウォッチ。今回、日本で販売されるのは防水機能付きの腕時計型「ZeSplash」(1万8990円)、腕時計型「ZeWatch2」(1万1990円)、ブレスレット型「ZeBracelet2」(1万1990円)、リストバンド型「ZeFit」(8990円)の4モデルとなる。

 各製品はBluetooth接続したスマートフォンと連携して、時計表示や通話、音楽再生、歩数計・カロリー測定などの機能を利用できる。スマートフォンが離れた場所にあるとアラートが鳴る紛失防止機能も備える。なお、ZeFitはフィットネス機能に重点を置いているため通話機能などは搭載していない。

  • 「COGITO」の2製品

 COGITOは、Connected Deviceが展開するスマートウォッチブランド。日本で販売される「COGITO CLASSIC」(2万5920円)と「COGITO POP」(1万5120円)は、一般的な腕時計に近いデザインだが、スマートフォンと連携して着信やメールを確認したり、カメラや音楽プレーヤーを遠隔操作したりできる。なお、いずれも税込み価格となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加