logo

レシートの写真を撮影するとデータに変換--家計簿アプリ「ReceReco」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ReceRecoは、レシートの写真を撮影すると、自動で内容を読み取ってデータに変換してくれる家計簿アプリだ。iPhoneのカメラを使って写真を撮影することもできるほか、PFUから販売されているドキュメントスキャナのScanSnapと連携させることによって、ScanSnapでスキャンした画像を使うことも可能だ。

  • ReceRecoのホーム画面(レシート一覧)。手動で入力する場合は鉛筆のアイコンを、カメラでレシートを撮影する場合はカメラアイコンをタップする

  • カメラのガイドラインに合わせて、レシートをまっすぐ撮影する。長いレシートのときは、複数回に分けて撮影する

  • 撮影したレシートのOCR処理が完了し、レシートの詳細が表示される。これは「便箋」のような細かい文字も正しく変換されている

 作成したデータは、アプリ内で見る以外にも、さまざまな方法によって外部ツールで利用できる。Excelなどの表計算ソフトで編集できるCSV形式でデータを書き出せるほか、Evernoteとも連携できるので、自動連携機能をオンにしておけば、データのバックアップにもなる。また、マネーフォワード、MoneyLook、freeeといった外部の家計簿・会計サービスとも連携でき、家計簿から一歩進んだ帳簿への記帳を目的として利用することも可能だ。

  • タグを付けておくと、検索条件として使うことができて便利だ。Evernoteと連携している場合は、タグを同期することもできる

  • 費目設定画面。家計簿でよく利用される費目が登録されている。費目を自分で変更することはできない

 ReceRecoは、会計というよりも「家計簿」という側面から、日々の家計を助けてくれるような情報提供に力を入れているようだ。毎日の献立に悩まなくてもいいように、E・recipeの献立を表示してくれる。もちろん、アプリ内から料理名や材料で献立を検索することもできる。献立をタップすると、自動的にSafariが起動して選択した献立のページが表示される。また、郵便番号から判断される自宅エリア付近のスーパーのチラシを見ることもできる。献立を決めてチラシで特売の店を探し、買い物した後はレシートをReceRecoに取り込むという流れだ。

 レシートの読み取り機能そのものは、写真で撮影したレシートも、かなりの精度で変換してくれる。明るい場所で撮影し、はっきりと印字されたレシートであるほど、その後の修正が少なくて済むようだ。ただ、写真で撮影するよりも良い結果が得られそうな、スキャンした画像でも、それほど精度がアップした感じではなかった。データ自体は使い込んでいくうちに、よく行く店の情報やよく購入する品目名が蓄積され、自分の使いやすいReceRecoになっていくだろう。

  • ScanSnap ConnectアプリがiPhoneにインストールされており、連携可能がScanSnapがあれば、ReceReco内から直接ScanSnapを開くことができる

  • スキャンしたレシートのOCR処理の結果。雑誌という文字が、正しく変換されている箇所と、誤変換されている箇所が混在している。不思議だ

  • データを確定して保存するまでは、読み取ったレシートの画像も表示されるので、レシート画像を見ながら修正できる

 品目の分類などは多少手間がかかるが、毎月の支出の内訳をグラフで確認することもできるので、きちんと記録しておくほど、後々役に立つデータが蓄積されることになる。

>>ReceRecoのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集