ソニー、光と音圧で重低音を存分に感じるハイパワーオーディオ

加納恵 (編集部)2014年09月05日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「MHC-V3」

 ソニーは9月5日、450Wの大出力を備えたハイパワーオーディオ「MHC-V3」を発表した。3ウェイ構成のスピーカを内蔵し、ライブ会場のような“音圧”を感じられるという。発売は10月18日。想定税別価格は3万8000円前後になる。

 MHC-V3は、高さ786mm×幅280mm×奥行き280mmで、重量約13kgのボディに、CDプレーヤー、FMチューナ、USB端子、Bluetoothを一体化したCDシステム。フロア型スピーカのようなデザインが特徴で、ウーファ部には青色LEDを仕込み、低音のリズムに合わせて光を明滅する。

 横方向に5度傾けたトゥイータ、横方向に7度、上方に10度傾けたスコーカ、直径20cmのウーファを内蔵し、低域から高域までしっかりと音を再現するとのこと。音道を長く、徐々に広げいくことで低音域の音圧を増幅できる「サウンドプレッシャーホーン」を採用することで、歪みの少ないクリアな音質を再現し、音を遠くまで届かせられるとしている。

 上部には、サウンド機能「DJエフェクト」を設け、中央のターンテーブルを回すことで、特定の周波数帯域を順場に強調する「ISOLATOR(アイソレーター)」、元の音声信号とそれをわずかに遅延させた音声信号の干渉により音を変化させる「FLNGER(フランジャー)」、フィルタの周波数を上下に移動させ、聴感上強調される周波数を変える「WAH(ワウ)」といった3つのエフェクト処理が可能。低音を3段階で調整できる「BASS BAZUCA」、好みの音質を選択できる「EQ(イコライジング)設定」なども備える。

  • ウーファ部には青色LEDが明滅する

  • トゥイータ、スコーカは音の広がり感が得られるようそれぞれ傾きを設けた

  • 上部に「DJエフェクト」を始めとする操作部を用意

 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加