logo

NHK、ハイブリッドキャスト対応番組を拡充--EテレやBSでも

加納恵 (編集部)2014年09月04日 17時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKは9月4日、放送と通信を融合したサービス「NHK Hybridcast(ハイブリッドキャスト)」サービスを、Eテレ、BS1、BSプレミアムにも拡大すると発表した。それぞれ定時番組をスタートし、新たな視聴体験の場を増やしていく方針だ。

 ハイブリッドキャストは2013年9月に総合テレビで開始された新サービス。放送コンテンツとデータ情報が放送波を通して送られてくるデータ放送と違い、データ情報はネット経由で取得していることが特徴で、より多くの情報を送信できるほか、デザインや自由度の高いインターフェースを実現する。

 新たにハイブリッドキャスト対応になるのは、下記の3番組になる。

  • Eテレビ「しごとの基礎英語」(9月29日開始予定)
  • BS1「Biz+サンデー」(10月5日開始予定)
  • BSプレミアム「世界ふれあい街歩き」(10月7日開始予定)

 加えて総合テレビ「あさイチ」では、11月から「夢の3シェフNEO」「夢の3シェフグラン」のコーナーもハイブリッドキャスト対応になるとしている。


「しごとの基礎英語」

-PR-企画特集