logo

パナソニック、オーディオブランド「Technics」を復活

加納恵 (編集部)2014年09月04日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Reference Class R1 Series」

 パナソニックは9月4日、オーディオ専用ブランドとして2010年まで使用していた「Technics(テクニクス)」を復活すると発表した。12月に欧州市場向けにオーディオシステムを導入し、順次グローバル展開していく。

  • 「Premium Class C700 Series」

 Technicsは、1965年から2010年にかけてオーディオブランド名として使用。密閉型2ウェイ2ユニットスピーカーシステム「Technics 1」を1965年に発売し、以降コントロールアンプ、パワーアンプやCDプレーヤーなど、高級オーディオ製品を市場に投入してきた。

 1990年代以降はアナログレコードプレーヤーブランドとして人気を博し、DJ機器としても長く親しまれた。しかし2008年に発売された「SL-1200MK6」から新製品は発売されておらず、SL-1200MK6が2010年に生産終了になるとともにTechnicsブランドにも終止符が打たれた。

 パナソニックでは、昨今のハイレゾ音源人気などを受け、Technicsブランドの復活を発表。第1弾としてハイファイオーディオシステム「Reference Class R1 Series」、「Premium Class C700 Series」を欧州市場向けに投入する。

 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集