コクヨのデジタルノート「CamiApp S」--使い勝手をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コクヨグループのコクヨS&Tから、ノートをデジタル化できる新製品が9月5日に発売された。コクヨはこれまでも、CamiAppという、スマートフォン専用アプリで撮影することで簡単にデジタル化できるノート製品を多数発売してきた。しかし、今回発売された「CamiApp S(キャミアップ エス)」は、少し違う。CamiApp Sは、ユーザーがノートに文字を書いている時から、本体でその情報を読み取っておき、すでに読み取ってあるデータをアプリに転送するという方式だ。

  • 今回のレビューではAndroidデバイスとペアリング。NFC対応デバイスなら、NFCを介して簡単にペアリングできる

 筆者は、デジタルペンと呼ばれる製品を、今までにも何種類か使ってきた。最近のLivescribe 3から、昔のMVPenまで、使い勝手はさまざまだ。Livescribe 3の場合は、専用ペン、専用ノート、専用アプリの3つが必要であり、MVPenは、専用ペンと、ペンの軌跡を読み取る本体が必要だった。

 精度は別として、CamiApp S本体、専用ペン、専用ノート、専用アプリの4つがそろってはじめて機能するCamiApp Sの使い勝手は、いったいどのようなものか。製品の詳細については、CamiApp S の公式サイトをご覧いただくとして、今回は、このCamiApp Sの使い勝手を中心としてレビューをお届けする。

セッティングには少々手間がかかる

 CamiApp Sには、「ノートブックタイプ」と「メモパッドタイプ」の2種類がある。今回のレビューに使用させていただいたのは、ノートブックタイプだ。使用するノートは、A5サイズで、広げるとA4になる。そのノートを納めるためのCamiApp S本体は、A5サイズより一回り大きく、広げると、A4よりも大きいので、机の上ではかなり場所を取る。

  • ノートブックタイプのCamiApp S。ブックを留めておくバンドも付いている

  • ディテールを拡大。ペンホルダも備わっている

  • 内側。CamiApp S本体が2枚、カバーに差し込まれている。右側は固定されているが、左側はノートがセットしやすいように半分ほどスライドできるようになっている

  • 裏側。ポケットのように見える部分は、ポケットではなく、これを外すとバッテリのふたが表れる

  • バッテリ。箱を開けたら、最初にバッテリをセットして充電する必要がある

  • 電源ボタン、Bluetoothボタン、充電用microUSB端子。CamiApp Sの上部側面に付いている

 ノートは「横罫」「5mm方眼」「打合せ記録」の3種類があり、Googleカレンダーと連携できるのは「打合せ記録」のみとなる。ただし、今回は何度試してみても「打合せ記録」ノートの読み込みでエラーが発生してしまい、Googleカレンダーの連携機能を試すことができなかった。Nexus 7とGALAXY Sの2種類のAndroidデバイスでペアリングし直してみたが、いずれの場合も読み取りエラーになってしまった。

  • CamiApp S専用ノートを使う。横罫タイプのノートが同梱されているが、5mmブロックタイプと打合せ記録用は別売りとなっている

  • 最初に、ノートの種類をCamiApp S本体に認識させる。ノートの表紙裏の指示が書かれている

  • 5mmブロックタイプのノート。各ページの右下に、アクション用と保存用のボックスが印刷されている

  • 「ACTION」ボックスには数字を、「SAVE」ボックスにはチェックマークを書き込むと、本体で自動的に処理が行われる

 CamiApp Sの箱を開けてから実際に使用できるようになるまでは、少々手間がかかる。まず本体に充電池をセットして、数時間充電する必要がある。次に、ボールペンの芯を専用ペンに差し込んだり、本体の粘着テープの剥離紙をはがしてノートをセットしたりする。その間に、スマートフォンに、CamiAppアプリをインストールする(Android版とiOS版の両方が用意されているが、NFCの機能を使うには、Androidデバイスが必要)。Androidの場合は、CamiApp S設定用のアプリもインストールする必要がある。

 CamiApp Sが充電できたら、電源を入れ、BluetoothでCamiApp Sとスマートフォンをペアリングする。さらに、ノートの種類をCamiApp S本体に認識させるために、ノートの表紙裏にある説明に従って設定を行う。そのほか、アクションの種類をCamiAppアプリに登録する必要もある。ここまでやって、ようやく、ノートに書き始められるというのは、手間が煩雑すぎるのではないか。後々の利便性を考えてがまんするにしても、もう少し設定の流れを分かりやすく、簡潔にするべきだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加