Twitter、アナリティクス機能を一般ユーザーにも提供

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年08月29日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間8月27日、これまで広告主や認証ユーザーにのみ提供されていた機能を全ユーザーに公開した。その機能とはアナリティクスダッシュボードで、同機能を使えば、ユーザーは自分のツイートに対する反応を確認できる。

 今回のニュースは、TwitterのエンジニアであるIan Chan氏の「http://analytics.twitter.comへのアクセスを『すべての人』に開放できて非常にわくわくしている」というツイートにより明らかになった。

 Twitterは7月にアナリティクスダッシュボードの提供を開始し、広告主と認証ユーザーがインプレッション総数やエンゲージメント率など、自分のツイートの到達度に関する詳細なデータを確認できるようにした。ユーザーは、何人が自分のツイートを閲覧したりリンクをクリックしたりしたかが分かる。

 こうした情報は、広告主にとって役立つことは確かだが、一般のTwitterユーザーにとっても便利でおもしろいと思われる。ツイートするのに最適な頻度や時間帯、曜日を把握したり、ツイートに対する反応をリアルタイムで知ったりするのに役立つ機能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加