「OneDrive」Android版アプリ、「OneDrive for Business」をサポート

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年08月29日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、クラウドストレージアプリ「OneDrive」の「Android」版をアップデートし、Android上での「OneDrive for Business」のサポートを初めて追加した。

 アップデートされたAndroid版OneDriveアプリは、米国時間8月28日より「Google Play」ストアで、無料でダウンロード提供されている。

 クラウドストレージサービスであるOneDriveのコンシューマー向けバージョンと企業向けバージョンは、名称以外の共通点は少ない。OneDrive for Businessは「Office 365」や「SharePoint」の一機能だ。

 統合された新たなAndroid版OneDriveアプリによって、バックエンドの観点では何も変わっていない。コンシューマー向けOneDriveとOneDrive for Businessが依然として別々に存在している。Microsoftは、ユーザーがファイル、ドキュメント、写真を保存したりアクセスしたりする際、コンシューマー向けOneDriveなのかOneDrive for Businessなのかを区別をしやすくするよう努めている。

 これまで、Android版OneDriveアプリはコンシューマー向けのOneDriveクラウドストレージサービスしかサポートしていなかった。

 新しいAndroid版OneDriveアプリではインターフェースも新しくなり、仕事用のファイルと個人的なファイルを区別しやすくなっている。また、4桁のPINコードの設定をサポートしている。

 Microsoftは、コンシューマーおよび企業向けの統合されたOneDriveアプリを、「iOS」と「Windows Phone」搭載デバイスに対しても「今後数カ月のうちに」提供するとしている。


新しいAndroid版OneDriveアプリ
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加