ヤマハ、シアターラックも4K対応に--アルミとガラスの洗練されたデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「YRS-1500」(上)と「YRS-2500」(下)

 ヤマハは8月28日、シアターラックシステム「POLYPHONY(ポリフォニー)」の最新モデルとして、4KおよびBluetoothに対応した「YRS-1500」と「YRS-2500」を発表した。想定税別価格は、9月下旬発売のYRS-1500が10万円前後、10月中旬発売のYRS-2500が13万円前後となる。

 両機種とも、高さ400mmのローボードスタイルで、天板はガラス材を採用。棚板は高さ位置を3段階に可変できる。カラーはブラックとアーバンブラウンを用意した。テレビサイズに合わせて、幅1200mmのYRS-1500と、幅1600mmのYRS-2500の2サイズを展開する。

 「YSPシリーズ」で定評のある、ヤマハの「デジタル・サウンド・プロジェクター」技術により、リアルなサラウンドを実現。4K/60p、3D映像伝送(パススルー)に対応したHDMI端子を搭載し、BDソフトなどの高精細な4K/60p映像信号をテレビに伝送できる。

 「HDMIコントロール機能(リンク機能)」を搭載し、対応するテレビやデジタルレコーダーのリモコン操作と連動して、本機の電源ON/OFFや音量調整、入力切り替えなどが可能。Bluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットなどの音楽コンテンツを、ワイヤレス操作で再生することができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加