logo

パイオニア、円熟の域へ達したAVアンプの旗艦モデル--「Dolby Atmos」に対応も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは8月27日、AVアンプのフラッグシップモデル「SC-LX88」「SC-LX78」を発売した。9月下旬に発売する。想定税別価格は、SC-LX88が33万5000円、SC-LX78が25万円。

 両機種とも、Class D「ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載し、SC-LX88は9ch-810W、SC-LX78は9ch-770Wのマルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現した。高効率駆動により、4~16オームと、スピーカのインピーダンスに幅広く対応。設定や切り替えなしに、さまざまなスピーカとの接続が可能だ。

 独自の自動音場補正技術「MCACC Pro」を採用したほか、アップデートにより、多次元サラウンドフォーマット「Dolby Atmos」に対応する。リアルな音の移動を再現し、臨場感あるサラウンド空間を体感できるという。

 録音スタジオ「AIR Studios」のサウンドクリエイターと共同で音質チューニングを行い、優れた質感の中高域と迫力ある低域再生を実現。「AIR Studios認証」を取得した。

  • 「SC-LX88」

  • 「SC-LX88」リアパネル

  • 内部構造

 HDMI 2.0規格に対応し、4K映像信号をダイレクトに伝送する「4Kパススルー」機能と、SD/HD映像を4Kクオリティまで高解像度化する「4Kアップスケーリング」機能を搭載した。フィルムの質感を再現する「P.C.24p (Precise Conversion for 24p)」機能も搭載し、市販のDVDや録画したディスクの1080/24p出力が可能だ。

 AirPlayなどのネットワーク機能を搭載したほか、FLAC/WAVのマルチチャンネルコンテンツ(96kHz/24bit 5.1ch)、ネットワーク上のDSD3音源(5.6MHz)の再生に対応。さらにSC-LX88は、192kHz/32bitまでの音楽ファイル再生に対応した「USB DAC機能」を搭載している。

  • 「SC-LX78」

  • 「SC-LX78」リアパネル

  • 「SC-LX78」フロントパネル内部

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集