logo

KDDI、東京と大阪にデータセンター「TELEHOUSE」を新設--総額280億円を投資

藤井涼 (編集部)2014年08月26日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは8月26日、大阪府大阪市と東京都多摩市にそれぞれ、国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター「TELEHOUSE OSAKA 2」(2015年8月下旬サービス開始予定)と、「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」(2016年2月サービス開始予定)を新設することを発表した。総額280億円を投資するという。

 両データセンターは、電力使用量の大きい高性能サーバを多用する大規模なウェブコンテンツやクラウドの提供ニーズに応えるため、国内最大級の電力供給能力を備えている。TELEHOUSE TOKYO Tama 3の1ラックあたりの供給電力は、従来のデータセンターと比べて約5倍となる42kVA(定格)を実現するという。


「TELEHOUSE OSAKA 2」(左)と「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」(右)の外観イメージ

 同社では、ラックの収容効率が大幅に増加することで、国内外の顧客の事業推進を支援できるとしている。また、東京と大阪のデータセンターを併用することで、災害などでの事業継続や、システム障害に備えた予防や復旧措置として機能するとしている。

 KDDIのデータセンターブランドである「TELEHOUSE」は、欧米を中心に1989年から25年間提供されている。今回の東京、大阪のデータセンターを加えると、全世界で13地域、24都市、46拠点 (国内は20拠点) となり、総床面積は約37万1000平米となるという。

-PR-企画特集