logo

マクセル、選べる2つの重低音--新「エムベース」ヘッドホンを発表

加納恵 (編集部)2014年08月19日 14時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは8月19日、重低音を強化したヘッドホンの新シリーズ「エムベース」を発表した。「MXH-MB500/MB300」の2機種をラインアップする。発売は8月25日。想定税別価格はMB500が5000円前後、MB300が3000円前後になる。

 両機種ともに重低音再生とクリアサウンドを重視した密閉ダイナミック型ヘッドホン。軽量なCCAWボイスコイルを用いた直径8mmのドライバユニットを搭載する。

  • ダイナミックドライバとパッシブラジエータ

 MB500はダイナミックドライバとパッシブラジエータを組み合わせた独自の音響技術を採用。表面積44平方ミリメートルの大型パッシブラジエータがダイナミックドライバの背圧に共振することで、新たな低音を生み出す。

  • ロングストロークドライバ

 MB300は、振動板の振幅を大きくしたロングストロークドライバを搭載することで、ハウジング内部の空気を押し出す力が高まり低音を増強する仕組み。厚みと迫力の低音を再生する。

 いずれも銀イオンを練り込んだ、抗菌加工のイヤーピースを採用。SS、S、M、Lの4サイズを用意するほか、コードの長さを調整できるコードキーパーを付属する。


「MXH-MB500/MB300」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集