logo

リクルート、エンタメ特化型キュレーションアプリ--「音楽」から拡大へ

井指啓吾 (編集部)2014年08月18日 12時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルートホールディングスの実証研究機関であるメディアテクノロジーラボは8月18日、エンタメに特化したニュースやビデオのキュレーションアプリ「KOLA(コーラ)」を正式にリリースした。価格は無料で、iOS7以降に対応。App Storeでの登録カテゴリは「ミュージック」となる。

  • 「KOLA」

 アーティストのプロモーションビデオや話題のエンタメニュース、ランキング情報、公式Facebookページから出演TV番組情報まで、音楽を中心としたエンタメコンテンツを配信する。近日中にチケット情報や新曲発売情報にも対応する予定で、今後は音楽以外のコンテンツも扱うという。

 1月に公開したベータ版に大幅なアップデートを施しており、ベータ版では邦楽アーティストを中心に約1500組だった収集対象を、正式版では邦楽・洋楽アーティストと有名人を含め約10万組に拡大。同時にUIを大幅に改修した。

 サイジニアと共同で開発した独自のレコメンドエンジンを搭載しており、ユーザーがフォローしているアーティストだけでなく、その周辺にある潜在的な興味に応じたコンテンツの認知を促進させるUI/UXを実現しているという。

  • 「KOLA」画面イメージ

 サイジニアは、北海道大学大学院の複雑系研究室から生まれた技術系ベンチャー企業で、日米で特許を取得した独自レコメンド技術「デクワス」を開発、提供している。日本国内外で、ECサイト内のレコメンデーションサービスやネット広告の最適化、パーソナライズカタログに関する事業を展開中だ。

-PR-企画特集