logo

スマートニュースが36億円の大型調達--英Atomicoやグリーより

藤井涼 (編集部)2014年08月08日 15時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートニュースは8月8日、ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」事業の国内外での強化を目的に、総額36億円の資金調達を実施したことを発表した。SmartNewsは現在400万ダウンロードを超えており、8月からテレビCMも放映している。

  • 「SmartNews(スマートニュース)」

 引受先は、英Atomicoとグリーをリード投資家として、ミクシィ、グロービス・キャピタル・パートナーズ、米Ziff-Davis Publishingの元Presidentでエンジェル投資家のウィリアム・ローズ氏、ディー・エヌ・エー 共同創業者の川田尚吾氏など。リード投資家のAtomicoは、Skypeの共同創業者であるニクラス・ゼンストローム氏が設立したベンチャーキャピタルだ。

 今回の資金調達と同時に、収益化とグローバル展開を目的に、グリーそしてミクシィと提携したことも発表した。まず、グリーとはモバイルゲームやアプリ関連のコンテンツ強化において提携する。グリーのゲームコンテンツなどをスマートニュースに提供するほか、米国子会社であるGREE Internationalを通じて、スマートニュースの海外展開を支援する。

 ミクシィとは広告事業で提携する。スマートニュースがネイティブ広告ネットワーク(仮称:「スマートアド」)を開発し、SNS「mixi」のフィード内に広告を配信することで、mixiの収益拡大を図るとしている。

-PR-企画特集