logo

パイオニア、スリムなホームシアター4機種--テレビ周りにすっきり設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは8月6日、テレビ周りにすっきり設置できるスリムなデザインのホームシアターシステムとして、バータイプ2機種とセパレートスピーカタイプ2機種を発表した。8月下旬に発売する。

 税別想定価格は、バータイプの5.1chスピーカバーシステム「HTP-SB760」が4万5000円前後、3.1chスピーカバーシステム「HTP-SB560」が3万8000円前後、5.1chサラウンドシステムのトールボーイタイプ「HTP-S767」が5万7000円前後、コンパクトスピーカタイプ「HTP-S363」が3万8000円前後。

 全機種共通サイズの薄型サブウーファは、縦置き、横置きに対応した。センタースピーカには、高音域の感度を上げて歪みを低減させる銅キャップを採用した「ワイドバンドフルレンジユニット」を搭載。高音をクリアに再生することで、セリフを聞きとりやすくしたという。センタースピーカはバータイプスピーカにも搭載している。

 Bluetooth対応機器と簡単に接続ができる、高音質コーデックapt-X/AACの再生に対応し、スマートフォンなどの音楽をワイヤレス再生することが可能。HDMI 2.0に準拠したHDMI端子(入力3、出力1)も装備しており、高画質な映像を「4Kパススルー」機能でディスプレイにそのまま伝送可能だ。

  • 「HTP-SB760」

 HTP-SB760は、横幅110cmのバータイプスピーカシステム。50インチ以上の大型テレビ向けだ。独自のサラウンド技術「フロントバーモード」により、後方にスピーカがあるようなサラウンド音場を再現。両サイドのスピーカを取り外して後方に設置すれば、5.1chシアターシステムとしても楽しめる。

  • 「HTP-SB560」

 HTP-SB560は、横幅80cm のバータイプスピーカシステム。30~40インチのテレビ向けだ。スリムなバータイプスピーカを採用しており、テレビスタンドの形状や画面の高さに合わせて、バーの角度や高さを調節できる。

  • 「HTP-S767」

 HTP-S767は、黒光沢仕上げを施したトールボーイスピーカーシステム。6.6cmコーン型ウーファと、2.6cmセミドームトゥイータを組み合わせた2ウェイスピーカシステムを、フロントトールボーイスピーカに搭載した。

  • 「HTP-S363」

 HTP-S363は、設置場所を選ばず、壁掛けにも対応したコンパクトスピーカシステム。独自のサラウンド技術「フロントサラウンド・アドバンス」を搭載し、サラウンドスピーカとフロントスピーカを重ねて前方に設置しても、サラウンド感を再現するという。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集