位置情報活用のスマホ向け戦国城下町SLG「しろくろジョーカー」が配信

佐藤和也 (編集部)2014年08月05日 17時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブシロードは8月5日、スマートフォンのGPS機能による位置情報を活用したゲームアプリ「しろくろジョーカー」について、iOS版は7月30日、Android版は8月5日より配信を開始したことを発表した。基本プレイ無料のアイテム課金制。

 プレイヤー自身が戦国時代のお殿様やお姫様となって、自分の城下町を発展させていく箱庭型のシミュレーションゲーム。位置情報を登録することにより、移動距離に応じて建築に必要な「両」が貯まるほか、金閣寺や厳島神社、大阪城など全国各地の名所の近所で位置登録をすると、実際にその建物をアプリの中で建てることが可能となっている。ほかにも武将を鍛え、決まった時間に開催される合戦に参戦することもできる。

  • (C)bushiroad All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加