logo

ソニーとパナソニックが有機ELの統合新会社を設立--INCJ、JDI含め4社で

加納恵 (編集部)2014年07月31日 15時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 産業革新機構(INCJ)、ジャパンディスプレイ(JDI)、ソニー、パナソニックは7月31日、有機ELディスプレイパネルに関する統合新会社「株式会社JOLED」(ジェイオーレッド)を設立することで合意したと発表した。有機ELディスプレイパネルの量産開発加速と早期事業化を目指す。

 新会社の発足は2015年1月を予定。議決権は、INCJが75%、JDIが15%、ソニーとパナソニックがそれぞれ5%ずつ保有する見込み。開発に一定の目途が立った時点で、本格的な量産を見据えたパイロットラインを構築すべく、INCJとJDIからの追加出資を含めた支援を受ける予定としている。

 JOLEDは、ソニーとパナソニックが持つ有機EL成膜技術、酸化物半導体技術、フレキシブルディスプレイ技術などの有機ELディスプレイパネル技術とリソースを結集し、JDIが培ってきたディスプレイ技術と融合することで、有機ELディスプレイ分野におけるリーディングカンパニーを目指す。

 製品は、中型以上のタブレット、ノートPCや曲面性、視認性、薄型化が求められるサイネージなどを中心に開発していくとのこと。将来的にはフレキシブルディスプレイ技術などを活用し、ディスプレイパネルの一層の軽量化、成形加工性と耐久性向上を目指し、新規製品市場を開拓していく方針としている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集